月別アーカイブ: 2012年11月

ruby 1.9 hashの組み合わせ

ハッシュに含まれる要素に対しすべての組み合わせを試すコード
例えばA,B,Cというものがあった場合にAB, AC, BC を 作成します。

[ror]
def test
original = {A: ‘a’, B: ‘b’, C: ‘c’}
copied = original.dup
a = []
original.each do | key1, val1 |
copied.delete(key1)
copied.each do | key2, val2 |
a << [key1, key2] #something code
end
end
a
end[/ror]

パパ会なるもの作りました。

息子がもう2歳になりました。

保育園の送迎をするなかで感じるのはお父さん達が多いこと。

最近では送りも迎えもしているのですが、
半分とはいかないまでも、近い割合でお父さん達に出会います。

保育園に通っているということは、シングルか、もしくは両方とも働いている家庭なわけです。
共働きの家庭にとって母親だけが子供の面倒をみるという価値観がそもそも無いのかもしれません。

主婦もまだまだ多く、 やはり母親にしかできない役割も多いですから
行政や企業が提供しているコミュニティも母親主体のものがほとんどです。

それでも日本各地でで「パパ会」「イクメン会」なるものがあるらしく、
なかなか楽しいようでして、それで私も作ることにしたんです。

じゃあ集まって何するかという部分ですが、とりあえず子供をつれてみんなで遊ぼうということになってます。

もうすこし人が集まれば育児のプロなんかをよんでセミナーをひらいたり、
行政と協力したりしてイベントをしたりすることで、横のつながりを強化し、
地域のより強いコミュニティーの構築を目指します。
また、せっかく父親が子供を連れて行くということにしたので、
フリーになったお母さんにもママ会をひらいてもらうことにしました。

男ばかりが 子供をつれて集まっている状況はなんだか面白そうではないでしょうか。

リンク:横浜パパ会 http://papakai.dyo.jp/

RubyMine: 空になってしまったファイルを元にもどす(復元)ことができた件

最近RubyMineを使っているのですが、

作業中にノートPCの電源をうっかり電池切れさせてしまいました。

電源をつないで再開してみるとWindowsが再起動状態に。。

 

やばいなー、と思いつつRubyMineを立ち上げると、

3時間くらい作業したjsファイルが空に!

 

落胆と焦りを落ち着かせ、なんとかなるはずだと言い聞かせて

いろいろ試したところ。ファイルを復元することができました。

 

Projectタブで復元したいファイルを右クリック>

Local History > Show History

 

これで自動的に保存されていたファイルの履歴が出てきます。

※たぶん初期設定でその量やタイミングが設定できるはず。

 

履歴から壊れる前のものを選択してコピペ。

ほっ

PR会社のおこなっていること

最近参加している経営者の会で、PR会社の社長さんにお話を伺ってきました。

PR会社という広告代理店とは違う、比較的新しい業態が数年前から盛んに行われているようです。
私も何冊か以前に本を読んだことがあったのですが、その頃はまだPRという業態が発展段階のような印象でした。
インターネットの発展で混沌としていたのもあります。バイラルなどのワードが懐かしいですね。

さて、お話を伺ったのはVectorという会社の子会社の社長さんになります。
あまり詳しいお話はドコまで書いていいものかわかりませんので書けません。

PR会社は下記のようなことを行うそうです。

・質の良い情報を作る
・それを広告としてではなく、メディアの本題(たとえばニュース)として取り上げてもらう

質の良い情報を作るという工程ではいろいろなケースがあるようでして、
場合によっては商品を作ったりもするそうです。
たとえばブランド力があり、類似する商品との比較情報を作ってみたり、商品の効果・効能などを立証したりするみたいです。

■いいところだなと感じた点
・メディア(テレビ番組やニュースサイトなどいろいろ)の運営側にしてみれば、勝手に記事をつくってくれる。
・広告主にとっては自分の商品がよりよく消費者に伝わる → 売れる
・ 消費者にとっては質のよい情報が得られる。

■一人の消費者として感じること
何が良いものなのか、自分にとって役に立つものは何か、必要なものは何か、
多かれ少なかれ、それを日々判断しなくてはなりません。

影響力のある人物に「良い」と言わせたり、ブログに書かせたり、
口コミを操作していったりすることも現実的にはあるようです。

広告と違うのはそれらの情報のどれが操作されたもので、どれがそうでないのかがわからない点にあります。
また操作された情報であるからといって、それを信じた消費者に対し良い影響を与えることが多いという点も注意すべきところです。

どうしたって情報収集やその判断のためにメディアを活用しなければならず、
どんなに拒んだところで何かしらの影響は受けてしまうのでしょうが、
私はだれかに操作されるのが好きではないので、
ひねくれているといわれようがなるべくそのような影響を受けないようにしています。

ただ、何かを買うとき、あー操作されちゃってるかもしれないなと思ってしまうのがちょっと、うん、なんとなく。

Illustrator:角を丸くするメモ

出っ張った角を丸くしたい半径=A
引っ込んだ角を丸くしたい半径=B

アウトライン後のフォントを選択>

1: 効果>パス>パスのオフセット>オフセットを-A(マイナスAの半径)で入力・角の形状、マイター>OK>
2: 効果>パス>パスのオフセット(警告が出たら「適用」)>オフセットをA+B(AとBを足したプラスの半径)で入力・角の形状、ラウンド>OK>
3: 効果>パス>パスのオフセット(警告が出たら「適用」)>オフセットを-B(マイナスBの半径)で入力・角の形状、ラウンド>OK>オブジェクト>
4: アピアランスを分割。